スムーズな売却は仲介業者にかかっている

マンションや一戸建てなど不動産を売却するにはいくつかの方法があります。自分で買主を探してくることもできますが、やはり不動産会社(仲介業者)に仲介して貰うことが多いようです。売却を決めたらスムーズに引渡しまで行いたいのが理想ですが、なぜ仲介業者に依頼した方が有利なのでしょうか?

自己発見取引では後からのトラブルが多くなる可能性が

例えば自宅であるマンションを売却して、近くの一戸建てを購入するとします。たまたま知人の中でマンションを購入したい人がいて、その人に売却することが決定しました。仲介業者も必要なく、仲介手数料の支払いもありません。売主も買主も大変有難い取引だったのですが、売却後に様々なトラブルが発生したのです。

仲介業者を介さない不動産取引では売買契約書や重要事項説明書などがおろそかになり、様々な取り決めを曖昧にして取引が行われます。また瑕疵担保責任についても明確でなく、そうなると後から以下のような問題に発展する可能性があります。

  • 物件内の細かい問題についてのクレーム
  • 環境に関するクレーム
  • 支払い滞納

第三者を通さないことで、買主も意識が軽薄になってしまい、契約に対して甘い感情を持ってしまいます。知人であっても特に信頼できる人物以外では、仲介業者を介して重要事項を説明するなどして取引を進めるようにしましょう。

スムーズに売却したいなら仲介業者選びが最も重要な理由

不動産を売るにはまず需要を知らなければ、販売することはできません。単に広告を打つにも反響の高いエリアに行わなくては意味がないのです。そこで重要なのが仲介業者の選択になります。良い仲介業者を選ぶことで得る利得ポイントを紹介します。

  • 早期に買主を見つけることができる
  • 相場より高値で売却することができる
  • 内覧や契約がスムーズに進む
  • 手付金や引渡しで問題が起こらない
  • 引渡し後に問題が起きても対応して貰える

良い仲介業者は売主と買主の両方にとって、利益をもたらす存在だと言えるのです。

良い仲介業者を選び上手く売却を行うためには、事前にマンション売却の査定でノウハウやコツをつかむことをお薦めします。

悪徳な仲介業者に依頼すると詐欺に遭うことも

不動産会社の中には詐欺まがいの悪徳な仲介を行っている会社もあります。買主も見つかっていないのに、仲介料を請求したり、権利証(登記識別情報)の引き渡しを求めたりして、勝手に不当な登記をしてしまうのです。

このような詐欺行為で善意の第三者に登記されてしまうと、取り返すことは困難になり、不動産が奪われることになります。

良い仲介業者を選ぶと理想の取引となり、悪い仲介業者を選ぶと最悪で不動産を奪われてしまいます。不動産を売却するには仲介業者を見極めて、良い不動産会社を見つけることが大切だと覚えておきましょう。